サイディングの割れ

多くのお問い合わせとご成約、ありがとうございます。

今日はサイディングの割れについて、少し書きたいと思います。

まず外壁を塗装する際、ヒビ割れたサイディングを補修する業者は少ないのではないでしょうか。

大きく割れていればシーリングをすることもあるとは思いますが、多くの業者はそのまま塗装すると思います。

この写真が本当の下地補修、下地処理(何で補修したかは伏せておきます)です。

下地処理を謳う業者でも、ここまではやらないでしょう。

先日のお問い合わせのお客様は、浅い築年数のうちにサイディングにヒビが入り、お困りでした。

それはそうですよね。予期せぬメンテナンス時期が来てしまったのですから。

こうした場合一番良い方法は、メーカーにぶつけることです。

建てた業者を通してメーカーにぶつけてください。

もしかして面倒を見てくれる可能性がある…かもしれません。

5年やそこらで塗装を薦めるような業者は×ですね。自分の事しか考えてない。

僕だったらヒビ割れだけの補修で提案します。

多少跡が残るかもしれませんが、たぶん良い具合に仕上がると思います。

ここには書きませんが、補修方法は僕独自のやり方です。

某サイディングメーカーの補修方法を、少しだけ取り入れていますので、知りたい方はお問い合わせください。

なぜヒビ割れは補修しなければいけないんでしょうか?

…なぜでしょう。

それでは、なぜサイディングに塗装するんでしょうか?

僕が塗装屋を始めた頃はモルタル壁が主流でした。

それから程なくして無塗装のサイディングが出てきました。

スタッコ柄の薄いペラペラの物です。

その後もしばらくは塗装を必要とするサイディングが主流でした。

時を経て今のデザインサイディングとなっています。

アスベストを含有していた頃のサイディングは非常に強い。

しかし今のものは…というより、アスベストを含有し無くなった当初のものは、軟いんです。

ここに、僕が浸透形シーラーを使う理由があります。塗膜が何らかの理由によって、取れた基材に浸透形シーラーを染み込ませて固めます。何もしないより絶対に丈夫になるし、次の塗り替えまで塗膜とも密着し、水を含まなくなります。

ここまで書いても真似する業者はいません。

なぜか?大変だからです。

サイディングの割れを補修する理由は、表面の塗装も割れる訳ですので、サイディングの材自体が水を含むようになります。そうすると基材自体が水分で膨らんだり乾燥したりして脆弱になります。それを防ぐために塗装をするんです。

要は、そのサイクルが現れてくるのがメンテナンスサイクルという訳です。

いろんな条件があり、傷みが出る部分が違いますが、厚みの違いによっても変わりますからね。ご注意ください。

某サイディングメーカーの補修工事をやっていましたので、塗料の不具合や塗料の相性など、ここには書けない事がもっともっとあります。

工事をする業者を何で決めますか?

値段ですか?

サービスですか?

それとも知名度?

今日のブログで分かってもらえたかなぁ…

お問い合わせはこちらから。